妊娠中飲んでいい?

 

 

プラセンタつぶの特徴として即効性にはやや欠けます。
プラセンタつぶの効果を感じるためには毎日の摂取と継続が必要になります。
でも妊娠してもつづけていいのでしょうか?

 

妊娠するとお腹の赤ちゃんは臍帯を通してお母さんから栄養をもらって育っていきます。
つまりお母さんが口にしたものが赤ちゃんにも・・・という考えから口にするものはもちろん食べるものにも気を付ける方が多いでしょう。
やむなく薬を飲まなくてはいけないときも産婦人科の指示のもと摂取していることでしょう。
そんな妊娠中に日々飲んでいるプラセンタつぶを飲んでいいのか気になります。

 

 

まずプラセンタつぶですが薬ではありません。
健康食品サプリメントです。

 

薬と健康食品の違います。
薬は病気になったり何かの症状が出てしまったときに飲むものが薬とです。
治すことが目的なのが薬です。
そのため成分もしっかりと入っています。
プラセンタつぶは健康食品で、これは予防策として、補うものとして飲むものです。
普段不足している成分を補い、本来持っている力にパワーを送るためのものです。
ですからそこまで強い影響力がある効果は含んでいないと考えられています。

 

事実胎盤を持っている動物は出産後体力の回復のためにも自分の胎盤を食べます。
人間も口にしても何ら問題はないということです。

 

今現在妊娠中の方に飲んで検証してもらいました。

 

毎日のんでいたのでそのまま飲み続けました。
何も以上なく穏やかにマタニティライフを送っています。
周りの妊婦の子は妊娠線がすごくありますが私はできていません。
肌の調子も変化すること無く過ごしています。(20代女性)

 

妊娠をきっかけに怖くてやめました。
でもおかげで肌がボロボロになってしまいました。
シミも一気に増えてしまい、結果産婦人科の先生と相談して今は植物性のプラセンタを飲むようにしています。(30代女性)

 

個人的な意見ですが今現在、プラセンタつぶを摂取することで副作用や異常がおきたという報告はないそうです。
そういっても不安ですよね。
そんな方はやはり一度産婦人科の先生と相談することがお勧めでしょう。

 

妊婦になることで体調が変わる方もいるのでいつもなら大丈夫なことも何か変化が起きてしまうこともあるかもしれません。
また先の検証意見にもあったように動物性はちょっと・・・という方は植物性や海洋性といったプラセンタがおすすめかもしれません。
植物性や海洋性は胎盤ではないので成長因子は含まれていません。
効果も優しいといわれています。

 

プラセンタつぶの種類を変えたり飲む量を調節するなどしていくこともおすすめです。