比べて飲みやすさ

 

 

プラセンタで気になる点はにおいではないでしょうか?
プラセンタといえば胎盤です。
イメージは生臭いというイメージが強いと思います。

 

人由来のプラセンタをはじめ馬や羊、豚など動物由来のプラセンタがほとんどです。
植物由来や海洋性では胎盤ではないのでにおいが気になりません。

 

イメージ的に生臭いというプラセンタ成分のにおいを検証してみました。

 

プラセンタつぶではほとんどがカプセルタイプになっているものが主流です。
他には錠剤タイプもあり、ソフトカプセルタイプもあります。

 

これら3つともにおいは気になりません。
カプセルの中の粉末はとてもにおいが気になります。
というかかなり臭いです。
そしてなんといっても苦くてまずいのです。
カプセルを開けて粉をなめてみるとうぇ〜っていってしまうぐらいとにかくまずい。

 

そもそもカプセルにはそのまずい成分を閉じ込めるために使われています。
また胃や腸にまで届いてからゆっくり溶けていってほしい成分などが閉じ込められているんです。

 

臭いや味は全く気になりませんがどうしてもカプセルが苦手な方もいますよね。
形状がやや大きく飲みにくい方も・・・
そんな方には今はソフトカプセルタイプの物があります。

 

ゼラチンを基材にしたものが多く、飲みやすさが違います。
またカプセル同様ににおいや味が気になりません。
形状もしずく型がおおくより飲みやすい形状になっているんです。

 

大きさが1番小さいのは錠剤かもしれません。
もちろんメーカーによって違いますがかなり小さ目のものもあります。
でも物体として飲み込むにはかなり飲みにくいタイプかもしれません。

 

ドリンクや粉末との比較

 

ここではつぶと他の物を比較してみようと思います。

 

先ほどプラセンタは胎盤からの抽出した成分であるためにおいがあることは述べました。
そのにおいが気になるのは粉末でしょう。
各社においは極力抑えて製造はされていますがそれでもにおいが気になるのは粉末です。
また飲みにくさでいったらこの粉末になるでしょう。
何かに溶かしたり混ぜたりして摂取していかなくてはなりません。
そのまま口にするのはむせてしまったりしてあまりいい方法とは言えないでしょう。

 

ドリンクも少しにおいが気になります。
でも最近はフルーツ味の物が多くだいぶプラセンタ臭さは感じないようにはなっています。
飲みやすいかというと・・・好みもあるかもしれません。

 

結果プラセンタを摂取するにはプラセンタつぶがにおわなくて味もないので1番のお勧めだと思います